BLOGスタッフブログ

【失敗しないコツ4選】魅力が伝わるサービスサイトの制作会社の選び方

2021.05.07

デザイン ホームページ・WEB

 

サービスサイトとは、企業のサービス(事業・商品)の認知を図るためのWEBサイトです。サービスの概要や特徴、お客様にとってのメリットなどを分かりやすく伝え、お客様との繋がりをつくることを目的とします。

 

それでは、実際にサービスサイトを制作する場合、どのような制作会社にどのような要望を依頼したらよいのでしょうか。

 

ここでは、失敗しないサービスサイトの作り方や制作会社の選び方などについて解説します。

 

サービスサイト制作会社の選び方

 

まずはサービスサイト制作会社の選び方です。

 

制作を依頼する前に、例えば「サービスサイト 実績」などで検索し、検索結果にヒットした制作会社の実績紹介を順番に見ていきましょう。

 

イメージに近いサービスサイトを制作している会社をいくつかピックアップしたら、次は制作費用を見てみましょう。より良いサイトを制作したい場合は制作費用も比例してかかってきますが、バランスよく天秤にかけることがポイントです。

 

サービスサイト制作における代表的な失敗要因 4つ

 

ここからは、サービスサイトの制作における代表的な失敗要因を4つご紹介させていただきます。

 

①ターゲットが不明確

 

ターゲットに応じたサービスサイトの構築によって、より効果的にお客様とのつながりをつくり、問い合わせや商談を獲得することができます。しかし、ターゲットが不明確では、最適なデザインのサービスサイトを制作することができず、狙い通りの成果が挙げられません。

 

しっかりとターゲットとするお客様の年齢や性別、属性などを想定しましょう。

 

②サービスサイトに掲載される情報の不足

 

どれだけターゲットを明確に想定しても、ニーズを満たせるだけの情報を掲載できていない場合はサービスサイトの価値が薄くなってしまいます。とくにサービスサイトであれば、ターゲットは他社の商品との比較検討も踏まえてサイトを閲覧します。サービスや商品の具体的な情報をしっかりと掲載しましょう。

 

③サービスサイトへアクセスする流入経路の設計不足

 

どんなに見栄えの良いサービスサイトでも、ただ制作しただけでは成果に繋がりません。ターゲットにアクセスしてもらえるように、SEO(検索エンジン最適化)の整備や、SNSなどでのプロモーションに取り組みましょう。

 

また、早期に大きな結果を出すためには、WEB広告なども検討の余地があります。サービスサイト制作後の広報費や、広報まで含めたスケジュール、担当者の配置等を初めから想定しておきましょう。

 

④顧客へのアプローチへの想定不足

 

質の高いデザインでサービスサイトを制作し、広報も功を奏して多くのお客様がページにアクセスをしても、お問い合わせから商談化までの流れをしっかりと想定しておかなければ目的を達成できません。

 

例えば、メールアドレスの入力で資料を無料ダウンロードできる仕掛けなど、問い合わせフォーム以外にもお客様との接点を用意しておくことで、より多彩なアプローチが可能となります。

 

ゴーアヘッドワークスのサービスサイト事例

 

弊社ではこれまで、様々なジャンルのサービスサイトを制作してきました。ぜひ、下記の記事から実際の事例をご覧いただき、より良いサービスサイトを制作するための参考事例としてください。

 

【分かりやすい!】魅力が伝わるサービスサイト事例集

 

親しみやすく、視覚的に伝わりやすいホームページを制作します!

 

株式会社ゴーアヘッドワークスは、鮮やかなイラストや親しみやすい似顔絵を用いたデザインが得意です。ホームページの制作においても、親しみやすく視覚的に伝わりやすいデザインを手がけ、企業の認知度や集客力を向上させる訴求力抜群のページを作ります。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください