BLOGスタッフブログ

無料!! モーションロゴをパワーポイントで作る方法

2020.12.24

デザイン 動画・モーショングラフィックス

 

モーションロゴとは、CMの最初や最後、映画の冒頭などで見かけるアニメーションロゴのことを言います。モーションロゴを制作したいけど予算がない…。そんな時、パワーポイントを使った制作方法があります。

 

ここでは、パワーポイントを使って作るモーションロゴの具体的な制作方法について解説します。

 

①ロゴを画像(.jpg.png)にしてパーツに分ける

まず、使用するロゴ画像の拡張子を「.jpg」や「.png」に変更します。画像変換は、拡張子を変更する無料サイトなどを利用して変更することができます。画像の拡張子を変更したあと、ロゴをいくつかのパーツに分けます。

 

②パワーポイントのシートに配置しアニメーションをつける

パワーポイントのシートサイズは16:9で制作します。シートのサイズを変更する方法は以下の通りです。

 

①ツールバーリボンの 「デザイン」タブを選択

②ツールバーの右端付近にある「スライドのサイズ」を選択

③「ワイド画面(16:9)」を選択

 

そして、シート上に先ほどパーツ分けしたロゴを配置し、アニメーション(=動き)をつけていきます。オブジェクト(ロゴ)にアニメーションをつける方法は以下の通りです。

 

①「アニメーション」タブに移動

②アニメーションを設定したいオブジェクトを選択

 

地道な作業ですが、このアニメーションの設定を繰り返すことで、モーションロゴを制作していきます。

 

③アクションを録画する

 

アニメーションが完成したら、他の媒体でも使用できるようにするため、録画をする必要があります。まず、パワーポイントのアニメーションを動かすには、スライドを自動再生する方法があります。

 

そして、パソコンの画面を録画する場合、Windows10には動画キャプチャの機能がついています。動画キャプチャの方法は以下の通りです。

 

①「Windows」キーと「G」キーを同時に押す

②操作パネルで「キャプチャ」ボタンをクリック

③「●」ボタンをクリックして録画を開始(録画を止めたいときは「■」ボタン) 

 

その他、無料で使えるパソコンの画面を録画するフリーソフトを使う方法もあります。しかし、無料版は録画できる時間が限られていたり、画面上部に使用したフリーソフトのロゴが入るなどの制限があったりするので注意が必要です。

 

無料で作成したロゴとプロが制作したものを比べてみよう


パワーポイントで制作したロゴモーションとプロが作った作品を比べてみると、パワーポイントではできない表現があることが分かります。

 

例えばイージング。「イージング」とは、動きの加減速のことです。イージングで動きに緩急をつけることで、よりスピード感や迫力、表情が豊かになります。

 

また、サウンドミックスも可能です。BGMやSEなどのサウンドを自由に重ねたりバランスを調整したりできます。

 

まとめ

パワーポイントのような無料のツールでも、モーションロゴを作ることは可能です。しかし、パワーポイントだけではできないことがあるのも確かです。

 

また、地道にアニメーションをつけていく作業になるので、当然時間もかかります。そのため、手間を省いてかつクオリティを上げるのに、プロである制作会社に依頼するのも選択肢の一つです。

 

ゴーアヘッドワークスは、経営者や会社のビジョン・戦略・想いを可視化し、イラストやデザインに落とし込むのが得意です。もちろん、モーションロゴの制作も受け付けております。制作をお考えでしたら、ぜひゴーアヘッドワークスへご依頼下さい。

 

もっとモーションロゴに関して知りたい方は下記のブログをご覧ください!

【サンプル有り】注目の「 モーションロゴ 」を知っていますか?!動くロゴマークのデザイン制作

WEB広告やSNSで大活躍!! モーションロゴの活用事例

失敗しないモーションロゴの作り方

無料!! モーションロゴをパワーポイントで作る方法

 

企業の認知度向上や顧客とのコミュニケーションにYouTubeを活用しよう!

企業がYouTubeを運用するメリットとは?

企業の公式キャラクターを活用するならYouTube!

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください