WORKSデザイン実績

「 絆画 (きずなえ) 」〜故人とご遺族の絆を描く絵画 〜

illustration

「 絆画 (きずなえ) 」〜故人とご遺族の絆を描く絵画 〜

[ 業種 ] 「 絆画 (きずなえ) 」 〜故人とご遺族の絆を描く絵画 〜

[ デザインジャンル ]似顔絵/絆画

故人とご遺族の絆を描く絵画
「絆画 (きずなえ)」
http://www.kizunae.jp


あなたの大切な方との絆を描き、
故人の命を再び灯します。

ご依頼をお待ちしております。

________________

 

・家族写真を撮っておけばよかった
・成長した姿が見たかった
・入学式/卒業式の姿が見たかった
・成人式の晴れ姿を見たかった
・夢を叶えさせて上げたかった

 

などなど、実際には叶えることができなくて
諦めてしまったご遺族の願いを、
止まってしまった時間を、「絆画」が描きます。

 

 

きっかけは、同い年の親友を亡くしたことです。

27歳で突然亡くなった親友。
遺影を見ても「本当にもう、この世にいないの?」と、
全く実感が湧いてきません。

 

 

 

遺影の横に、僕が2003年に似顔絵師を始めてすぐ
描かせてもらった似顔絵が飾ってありました。

 

 

親友のお母さんから、
親友が就職して一人暮らしを始めてからも、
大切に似顔絵を飾り続けてくれていたことを
教えてもらいました。

 

 

僕が不安いっぱいで似顔絵コーナーに出ていた時、
真っ先に似顔絵を描きに来てくれたのは親友でした。

 

就職してから休みが合わなくなり、
仕事が忙しくて遊ばなくなって・・。

 

 

もっと遊んでおけばよかった
いっぱい話しておけばよかったと
本当に後悔し、涙が止まりませんでした。

 

 

「お前はすげー!魔法のようだ」
と親友が言ってくれた絵の技術で、
親友とご家族を描いたのがこの一枚です。

 

 

親友はもうこの世にはいません。
会うことも話すこともできません。
しかし、この世で生きていた事実
消えたわけじゃない。

 

 

今も一緒に生きていて、共に年月を重ねているなら、
それを描き出して、飾ってもらって、
少しでも毎日を元気に過ごしてもらいたい。

 

 

親友が教えてくれた僕の天職絆画作家
生涯通してこれから描き続けていきます。

________________

故人とご遺族の絆を描く絵画
「絆画 (きずなえ)」
http://www.kizunae.jp


あなたの大切な方との絆を描き、
故人の命を再び灯します。

ご依頼をお待ちしております。

________________

「孫が産まれたらキャッチボールがしたい」

 

披露宴の前にお父さんを亡くされた新婦さん。

 

「孫が産まれたらキャッチボールがしたい」
生前そう願っていたお父さん。

その願いを叶えるため、
お父さんの手にグローブとボールを。

 

新婦さんは秋が好きなので、
黄色やオレンジを基調に秋らしく仕上げ、
ご家族が座っている大きな切り株には
新しい命をイメージして新芽を描きました。

 

________________

15歳で亡くなった娘の成人式に…..。

 

娘さんを15歳で亡くされて、
家族三人で成人式を迎えることが
できなかったあるご家族。

 

お姫様抱っこをしてあげたかったお父さん、
成人式に家族写真を撮りたかったお母さん。

 

成人式を迎えた5年後の娘さんをイメージして
晴れやかなお顔で描かせていただきました。

 

________________

 

「また猫と一緒に、庭で日向ぼっこがしたい」

 

大好きなおばあさんと猫を亡くされた娘さんへ、
お母さんからのご依頼。

 

「おばあさんと猫が庭で散歩しているのを見るのが大好きだった」
そう話す娘さんに、ずっとそばにいることを感じてもらえるように描きました。

 

闘病していたおばあさんはいつか元気になったら
「また猫と一緒に、庭で日向ぼっこがしたい」と話していたそうです。

 

おばあさんの闘病中に猫が亡くなり、
おばあさんも後を追うように亡くなられ……。

そのお話を伺いながら、絆画は遺族の方の願いだけでなく
亡くなられた方の「いつかきっと」訪れるはずだった瞬間
一緒に描いているんだなと感じました。

________________

故人とご遺族の絆を描く絵画
「絆画 (きずなえ)」
http://www.kizunae.jp


あなたの大切な方との絆を描き、
故人の命を再び灯します。

ご依頼をお待ちしております。

________________

亡くなってからも一緒に同じ年月を重ねている

 

愛犬を亡くされた家族へ
お父さんからのご依頼でした。

 

亡くなってからも一緒に同じ年月を重ねている。

そんなことを感じてもらえるように

家族みんなが大好きだった愛犬と
「現在の姿」のご家族を一枚の絵に仕上げました。

 

________________

「ビールを飲みながら人生を語り合いたかった」

 

16年前にお兄様を亡くされた弟さんから
「生きていたら42歳になられていたお兄さんの絆画を、
お母さんにプレゼントしたい」とご依頼いただきました。

 

スペインやメキシコなど海外旅行が好きで、
まじめで、家族好きで・・・と話される中で、
「ビールを飲みながら人生を語り合いたかった」
という、弟さんの願いも表現したいと思い、
ビールを片手に「飲もうぜ!」って言ってる
お兄様を描きました。

 

________________

夢はイルカショーのお兄さん

 

息子を亡くされたご両親へ、
息子さんの友人たちからの絆画でした。

 

もしも生きていたら27
夢はイルカショーのお兄さん

そんな故人の夢を叶えた姿を描かせていただきました。

 

________________

故人とご遺族の絆を描く絵画
「絆画 (きずなえ)」
http://www.kizunae.jp


あなたの大切な方との絆を描き、
故人の命を再び灯します。

ご依頼をお待ちしております。

________________

 

おおらかで頼りになる優しいお兄さん。

 

結婚式の前にお兄さんを亡くされた妹さんへ
そのご友人から絆画をご依頼いただきました。

 

おおらかで頼りになる優しいお兄さん。
そのイメージが伝わるように、結婚式に参列して
側で見守っていることを感じていただけるように。
表情やしぐさを大切に、愛犬と一緒に描きました。

 

________________

釣りの思い出話をしながら我が家へ帰る

 

奥様が亡くなられて、元気をなくしてしまった義理のお父様へ。
義理の息子さんからのご依頼でした。

「奥様や孫たちと一緒に、趣味の釣りへ行きたかった」
そんな遺族の願いを「大きな魚が釣れた!」
「餌だけもっていかれた……!」と
釣りの思い出話をしながら我が家へ帰る
家族の風景で描かせていただきました。

 

________________

これからは僕たちがお母さんを支えていくよ

 

昨年、旦那様を亡くされた奥様からのご依頼。

ご自宅の庭で、紫陽花を育てていた旦那様。
家族みんなで手入れをして、
綺麗な花を咲かせたイメージで描きました。

 

旦那様の肩に手を乗せる娘さん。
少したくましくなった息子さん。

これからは僕たちがお母さんを支えていくよ
そんな意思を表現しています。

また「これからもずっと一緒にいるよ」と想いを込めて、
旦那様が奥様の手を握った状態で描きました。

 

紫陽花の間の水たまりに込めた願いは
「止まない雨はない(止まない涙はない)」

雨が止んだ後の水滴が
キラキラ輝いている紫陽花のように、
笑顔が輝く人生でありますように・・

________________

「大学卒業おめでとう」

 

ゴーアヘッドワークスで一緒に働く
丸山純平の大学卒業祝いで、

純平とお父さんと
10年前に亡くなられたお母さんの
三人の絆画を描かせていただきました

 

________________

 

故人とご遺族の絆を描く絵画
「絆画 (きずなえ)」
http://www.kizunae.jp


あなたの大切な方との絆を描き、
故人の命を再び灯します。

ご依頼をお待ちしております。

________________

 

【大村順の想いに迫ったインタビュー記事はこちら】

 

「絆画(きずなえ)が再び、故人の命を灯す」【 インタビュー前半 】

https://www.goaheadworks.com/blog/p1519/

 

「優しい魔法で描く、絆画は天職」【 インタビュー後半 】

https://www.goaheadworks.com/blog/p1548/

________________

制作担当

関連制作事例

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください