VOICEお客様の声

店舗の業態に合わせた、統一デザインの完成度が高く。 展開していく上で、芯が決まりブレないブランディング。

合同会社KAJIKEN 代表  http://www.kajiken.biz/

店舗の業態に合わせた、統一デザインの完成度が高く。 展開していく上で、芯が決まりブレないブランディング。
Q

弊社ゴーアヘッドワークスを知るまでに、 販促で悩んでいた事はありましたか?

飲食店をスタートするにあたり、東海地方では今までなかった新しいジャンルの
ラーメン屋さんの展開。という事で、その業態がしっかりと伝わる
お店のイメージや看板デザインが出来るところがあまり周りになかった。
始めから店舗展開を考えていたので、そのあたりを
トータル的に対応してくれる会社を探していました。

Q

弊社を知ったきっかけを教えてください。

経営者の友人から、事業展開に合うであろうデザイン事務所だ、
という事で紹介して頂きました。

Q

打合せ、製作、 プレゼン・提案時に受けた印象はどうでしたか?

担当デザイナーの蒲さんに、僕が思ってるイメージを伝え「油そば」の事を
説明しながらの打ち合わせでしたが、名古屋には「油そば」がなかった事もあり、
初めはうまく伝わりませんでした。その物を見て、食べてもらわないと
わからない思いが強かったですが、直接蒲さんは別のお店に食べに行かれたり、
親身になって東海でどう「油そば」を流行らせていくか?を
考えてくださいました。僕がイメージしていたものに足りないものを、
足して提案していただいたデザインは大満足でした。

Q

制作を依頼し、製作物が出来上がってみて、 第一印象はいかがでしたか?

まず、油そばとは何?ってところが、すごくわかりやすく表現されてました。
なかなか言葉で説明しづらい部分が、写真と文字が合わさることで
なんとなく味を想像してもらえる看板やチラシになった事が良かったです。

Q

今回のお仕事に対して、特に満足している点があれば教えてください。

やはり、初めから関わって頂いた事で、1店舗目からちゃんとした
お店のコンセプトが出来上がった事ですね。
想いをしっかっりと形にして頂いた事で、それ以降の展開にも
影響しブランド力が形になっていった事が大きいと思います。
その都度、新しいアドバイスも含めて一緒に考えれる事がよかったです。

Q

製作物への周りの反応、その後変わったことを教えてください。

本店は立地的には、歩く人通りが多い所ではなくて、
車が多いのですが、やっぱり始めは、「油そば」ってなんなの?
どんなラーメン?という声が多かったです。
表の看板でなんとなく知ってくれて、立ち止まり、
入店してきた人たちが食べてみて美味しい!って広がりました。
食べてもらえば良さがわかってもらえるという自負はありましたので、
その浸透するのが早かった気がします。

Q

納品後のアフターケアー等の対応について

オープンしてからも、何回か足を運んでいただき、
プラスαの提案をしてくれたことが嬉しかったですね。
弊社は全店券売機で購入してもらうスタイルなのですが、
その券売機をすべて写真を入れたデザインボタンにしたり、
初めてのお客さんがわからない「油そば」の食べ方を
わかりやすくPOPにしてくれたりと、お客さん目線でお店を見てくれてました。

それから、2店舗3店舗とアイディアを頂いたり、
FC募集の企画を手伝って頂いたり、店舗展開やFC展開を
増やしていく上で試行錯誤しながら
イメージ・ブランドコンセプトを固めていった事で今に至ります。

Q

今後の販促についてお悩みの方へコメントをお願いします。

歌志軒は上記でも言いましたが、新しい業態で、
知名度がない所からがスタートでした。

そんなお店にとってお客さんが目にする「看板デザイン」は、
重要な効果をもっていると僕は思います。
その、初めて目にするものに対してのデザインに関して、
ゴーアヘッドワークスさんは、しっかり意味を分かった上で
情報を伝え、インパクトがあり、ちゃんと「伝わる」
デザインをしてくれるデザイン会社だと思っています。

是非、新店舗や今のお店の店構えで悩んでみえる方は
是非、一度相談してみるといいと思います!

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください