BLOGスタッフブログ

実例から学ぶ! 失敗しないお酒のラベルデザインのコツ – 日本酒・焼酎・ビールなど

2022.10.03

デザイン パッケージデザイン

日本酒や焼酎、ビール、ワイン、ウイスキーなどのお酒を製造する方々へ。

みなさまはどのようにお酒のラベルを作ってますか?
お酒の特徴や魅力といった情報の記載、また魅力あるデザインにもこだわりたいですよね。

お酒などの飲食物は、事前の情報がない限り「ラベル・パッケージのデザイン」がユーザーとのファーストコンタクトになります。
試飲等は、その商品に興味を持たれてからのアクションになるため、パッケージのデザインでユーザーの心を動かせるかどうかがとても重要になります。

また、「丹精を込め作った商品を多くの方に飲んでもらいたい」という想いを叶えるためにも、パッケージデザインには妥協はできませんし、失敗したくないですよね。

今回の記事ではそんなお酒のラベルデザインについて紹介します。
弊社の実績をもとに、失敗しないデザインのコツを解説します。

ラベルデザインを考える前に明確にしておきたい3つの要素

「ラベルのデザインを考えよう!」と思った際、やはりどうしてもデザインのイメージから考えてしまいますよね。

でも一度立ち止まってください。私たちはラベルのデザインを考える前に、明確にしておきたい要素は大きく3つあると考えています。

ターゲットを明確にしよう

「ターゲットを明確にする」ことは、パッケージデザインのみならずとても重要なことです。
「たくさんの世代の方に愛されたい」というお気持ちはわかりますが、ターゲットをしっかりと定めたデザインをすることで、購買者の満足度が向上し、クレームが減る効果を見込むことができます。また、ターゲットを設定することはデザインを検討する上で「良いデザインか否か」の判断基準にもなります。

デザインのような芸術的な要素は、製造者やデザイナーの趣味嗜好といった主観的な考えが入りがちで、一歩間違えるとお酒の魅力を引き出しきれないデザインになってしまう場合があります。

お酒であれば、その味やニーズを配慮した上で「毎日晩酌をするヘビーユーザーの舌を唸らせたい」、「普段お酒を飲まないライトな女性ユーザーに買ってもらいたい」といったターゲットを定めることで、より成果を見込めるデザインをすることができるはずです。

ラベルに記載する情報の整理をしよう

お酒をはじめとした飲食物のラベルには、「必ず記載しなければならない項目」があります。
商品名(お酒の種類)や、アルコール度数原材料名製造年月日製造社名などはもちろん、
商品名などが決まっていない場合はそれも考える必要がありますよね。

こういったラベルに記載しなければならない情報を明確にしておかないと、印刷後、保健所などからの指摘が入り修正をして再印刷をしなければならなくなってしまう場合があります。

原材料の表記の仕方、記載の文字の大きさなども細かく法律で定められているものもありますので、事前に保健所等に確認を行うことが大切です。

 

商品の魅力を整理しよう

ここまで情報の整理ができたら、その商品の魅力を整理していきましょう。

・甘口なのか、辛口なのか、どんな香りがするのかといった「味について」
・ある季節にしか作らない、製造の関係で年間数10本しか作れないといった「希少性」や「限定感」
・そのお酒が作られたルーツや特色といった「地域性」や「ストーリー」
・商品はもちろん酒を製造する職人の「想い」

などなど
1つの商品ができるまでにはさまざまな物語と魅力があるはずです。

ラベルのデザインを考えよう

ここまで情報が明確になれば、次はデザインについて考えていきましょう。
デザインで一番大切なのは「定めたターゲットの心を動かせるかどうか」です。
そのためにどういったデザインで、どういった印刷方法が効果的なのかを考えていきましょう。

ラベルデザインについて

デザインについては大きく3つの表現方法があります。

・写真を使用したデザイン
・イラストを用いたデザイン
・ロゴや文字のみの表現

など、ターゲットに寄り添い、商品の魅力が伝わる表現方法を考えましょう。
またその際に、店頭販売・ネットショップで販売するなど「どう言った販売方法をメインに売り出していきたいか」も考えていきましょう。

ラベルについて

デザインを考える工程に加え、ラベルの紙質や印刷方法、形も考えていきましょう。
紙質で言えば、和紙のような質なのか、色のついたラベルを使用するか、光沢のあるものなのか、
印刷方法で言えば、箔押しをしたデザインにするのかなどですね。

また、ラベルを貼る工程に手間がかからないかどうか印刷のコストがかからないかと言った点も考慮しつつ、ラベルの形状やサイズも検討する必要があります。

瓶について

お酒などの液体を販売するなら、瓶の形状や色もしっかりと検討する必要があります。
ターゲットの心を掴む形状な何なのかを考えるとともに、仕入れのコストや、遮光などの機能性が備わっているかどうかも大切です。

化粧箱について

瓶に遮光性が備わっていない場合は化粧箱にて保管いただく必要があります。
デザイン性はもちろんですが、1本用に箱を用意したいか、セット売り用で箱を用意したいかでも形状が変わるため、その点も検討する必要があります。

 

ラベルデザイン実例7選

良いお酒のラベルをデザインするための参考として、私たちの実績を7つご紹介させていただきます。

【日本酒】 飛騨乃辛燗 – 平瀬酒造様 (岐阜県高山市) 

 

こちらは岐阜県高山市、平瀬酒造様の日本酒『飛騨乃辛燗』のラベルデザイン。
「お燗専用の日本酒」ということと、辛口のお酒であることを伝えるために「辛燗(からかん)」と名付けられたお酒です。お酒の辛さを色で表現しつつ、筆文字を使用した今までのデザインと方向性を一新させることで、新たなニーズにアプローチができるデザインに仕上げました。

 

【日本酒】 子土盛(こども)- 美味良酒マルア様 (愛知県高浜市) 

こちらは愛知県高浜市、美味良酒マルア様のお酒のラベルデザイン。
デザインはもちろん商品名も提案させていただきました。
「高浜市で無農薬の酒米を子どもたちと植えて食べ物の大切さを知ってもらう。その酒米からお酒を作り、居酒屋や店舗に置いてもらうことで、子どもたちだけでなく高浜市に住む人々が様々な形で関わることで高浜市が盛り上がってもらいたい」そんな想いがあることから、子どもが土地(高浜市)を盛り上げるので、商品名を「子土盛(こども)」という商品名が命名されました。自分のこどものように高浜市民から愛されてほしいという願いも込めて。イラストはこどもが描いたような親しみやすいイラストで仕上げました。

 

【焼酎】池ノ露 – 天草酒造様 (熊本県天草市) 

こちらは熊本県天草市の「天草酒造」様の焼酎のラベルデザインです。
いも焼酎「池の露」の3年ものの古酒を 今回新しくラベルデザインを作らせて頂きました。
「伝統の島 天草から、手造り入魂の本格焼酎」の合い言葉や 焼酎作りに向かうクライアント様の熱い想いをしっかりと ラベルに注ぎ込ませて頂き、版画のようなイラストを全面に使用し製作しました。

 

【焼酎】AMAKUSA17- 天草酒造様 (熊本県天草市) 

こちらも熊本県天草市の「天草酒造」様の焼酎 「AMAKUSA17」のラベルデザインです。
アルコール度数を抑え、 女性でも飲みやすい味に仕上げた商品ということで、 古さを感じさせない、シャープなデザインテイストで、隠れキリシタンの文化を取り入れ 天草の「A」と十字架を組み合わせて、 パッケージデザインを制作しました。

 

【ビール】 サッポロ生ビール黒ラベル 高山祭デザイン- サッポロビール様 

こちらは、サッポロ生ビール黒ラベルの「 高山祭デザイン缶」の パッケージデザインです。
高山祭のユネスコ無形文化遺産への登録を祝し「祝」の文字を中心に、動く陽明門とも称される23台の「祭屋台」のシルエットをあしらいました。

 

【ビール】ビール製品各種 – 地ビール飛騨様 (岐阜県高山市) 

こちらは株式会社地ビール飛騨 様が製造する 「飛騨ビール」のラベルデザインです。
企業のシンボルマークを踏襲したままオリジナルマークを作成し、それをベースに上品なイメージでデザインを仕上げました。

 

【ビール】ビール製品各種 – 地ビール飛騨様 (岐阜県高山市)

こちらも同じく株式会社地ビール飛騨 様が製造するビールのラベルデザインです。
各ビールの銘柄を色で差別化し、ブランド性を保つために各商品のデザインは大きく変更せず形にしました。また、
こちらの商品は瓶の容器選びから、ふたの色。店頭に並んだイメージを想定しデザインさせていただきました。さらに料金表示カードや、首掛けPOP、店頭のぼりまでさまざまな販促品を含めた提案をさせていただきました。

 

お酒のラベルデザインはゴーアヘッドワークスにお任せください!

我々ゴーアヘッドワークスは、観光地としても名高い飛騨高山を拠点に、全国の地産品や土産物のパッケージデザインの制作を承っております。デザイン性はもちろん、ブランド性や、コスト面やラベル貼りといったオペレーション業務なども考慮しデザインの提案をさせていただいております。

詳しくは、ゴーアヘッドワークスのパッケージデザインをまとめた特設サイトをご覧ください!

https://goaheadworks-lp.com/package_lp/

 

 

 

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください