BLOGスタッフブログ

事例でわかる!! キャラクターマーケティング

2020.11.11

デザイン

意外と昔から行われてきたキャラクターマーケティングですが販売戦略において、キャラクターマーケティングは商品やサービスの販売促進として起用されています。商品のイメージの認知度を上げるために、キャラクター戦略は非常に有効な効果を持っています。今回はその「歴史」や「事例」をまとめました。

 

キャラクターマーケティングの歴史

 

キャラクター戦略は「昭和半ばグリコのマーク、ペコちゃん(企業の活用)」などから始まり、今に至ります。各企業がキャラクター戦略を行い、各商品やサービスに関連したキャラクターを選びます。

キャラクターによって商品がどのような影響を受けるのかを考慮してマーケティング部署でキャラクター設定を行いますが、部署ではキャラクターをWEBで活かしたり、またはアクセサリにしたり、キャラクターの使い方は様々です。

 

ゆるキャラ(地域の活用)

 

地域や地方自治体でキャラクターマーケティングを導入した事例にも「ゆるキャラ」等を活用して十分な販売戦略を担うことができます。地方の観光地に適したキャラクターならば、観光収入などにも貢献し、また同時にグッズ販売などをすれば、さらなる収益を期待することが可能です。

ゆるキャラは、大衆にも馴染みやすく、子供にも覚えてもらいやすいというメリットもあります。

ゆるキャラならば、導入して時間もかからずに、浸透することもあり、沖縄を代表する「シーサー君」などは良い事例となります。観光客や地元の人にもすぐに浸透し、結果的に大きなマーケティングに繋がります。

 

Vtuber(企業や個人)

 

キャラクターマーケティングは各種のビジネスにおいて有効で、Vtuber(企業や個人)もビジネスに活用することでも、十分な効果を期待することができます。

企画や活動にあったキャラクターならばVtuberのマスコットとして、非常に良い効果を期待することができます。

Vtuberは企業や個人のビジネスにもおすすめです。商品などの説明などをデジタルコンテンツとして「SNSやYOUTUBE」などで宣伝することができます。

精度の高いキャラクターを制作するならば専門のクリエイターに依頼して制作するほうがより完成度の高いキャラクターを作ることが可能です。 

 

企業キャラクター活用の走り ペコちゃん

 

ペコちゃんはキャラクターマーケティングにおいて大成功の事例です。飲食業界の中でも最もキャラクターを活かし(ブランドの認知・キャラそのものを商品化)に成功しています。

国道を車でドライブしていてもわかりやすいロケーションにペコちゃんを看板とした宣伝をしているので、非常にわかりやすく、またキャラクターを生かしたビジネスを形成しています。他に「ガリガリ君」や「キティーちゃん」などもあります。

 

ガリガリ君

 

ガリガリ君は、アイスクリームの特徴を、キャラクターで表現した設定となっているので、外国人でもパッケージを見て、どんな商品なのかがわかるようになっている事例です。

無駄に商品の説明をすることなく、購買者にどのような商品かわかる様になっているので、「非常に有意義なキャラクターマーケティング効果」があります。商品のネーミングやキャラクターの相性なども重要です。

 

キティちゃん

 

キティちゃんは低学年の女の子を中心に人気のキャラクターです。文房具からおもちゃまで様々なアイテムがあり、非常に人気のキャラクターの一つです。キティちゃんの認知度は非常に高く長期的にキャラクターマーケティングを行うことで全国、または世界的に有名になったキャラクターのグッズ販売なども可能です。

 

地域活性に大貢献 ゆるキャラ「くまモン」

 

くまモンは熊本県を代表する人気のマスコットです。熊本県内の観光地や、WEBサイトなどでも非常に有意義なマーケティングに繋がり、くまモンを起用している熊本県の観光や、グッズ販売等の売上促進にも繋がっていてキャラクターマーケティングに最も成功している事例の一つです。ゆるキャラを活かして、観光客も増え、また地方自体のイメージアップにもなっている事例なので、キャラ設定自体が非常に良くマッチした結果でしょう。キャラクターマーケティングはゆるキャラならば、覚えてもらいやすいというのも大きなメリットです。

 

オンラインならでは SNSで活躍 Vtuber

 

Vtuberは、YOUTUBEやSNSなどでのマーケティングに良く起用されるキャラクターです。マンガ系のキャラクター設定となり、特にバーチャルな女の子を起用したキャラ設定などが多く、ナレーションをつけてキャラクターがしゃべるようになっています。

様々な商品やサービスの解説なども動画で行うことができ、またSNS等で拡散することで更に多くの人から認知度を高め得ることができます。

Vtuberは、3Dキャラクターを起用しているので、まずはMAYAや3DMAXなどで、3Dキャラクターを制作することで、動画マーケティングにおいての解説も可能で柔軟にキャラクターを起用することが可能です。

 Vtuberの企業活用例として大手のゲームメーカーなどは、3D制作なども得意としているので、精度の高いキャラクターマーケティングに成功しています。大手のゲームメーカーのWEBサイト上のCMや、ゲームの紹介などもキャラクターが努めているので、動画コンテンツもスイスイ視聴することが可能で「ゲームの進行から、内容、プレィの仕方から換金の仕方」などを解説し、ユーザーがクレジットを追加しやすいような環境を作り出しています。

ゲームの主人公などをVtuberのキャラクターマーケティングを行うことで、顧客にも、すぐに覚えてもらうこともでき、動画やメーカーのコンテンツのボリュームを上げることが出来るのも大きな魅力です。

 

キャラクターマーケティングの歴史と事例のまとめ

 

キャラクターマーケティングの事例を紹介しましたが各サービスやビジネスにおいてキャラクターを使った広告宣伝、などのマーケティングは非常に高い宣伝効果があり、キャラクターの設定の仕方も様々でSNSやネットのみのヴァーチャルキャラクターなども、動画コンテンツを活かしたマーケティングなどにおすすめできます。

 

キャラ制作は、3D制作となるので、専門のクリエイティブな作業も伴います。もしマーケティングの部署のクリエイターが在籍していないならば、外注する必要がありますが、精度の高いキャラクター制作を行うことも重要です。キャラ設定はゆるキャラや可愛い系のキャラクター設計も可能です。

結果的に売上やイメージアップに繋がるようなキャラクターを制作することが重要ですので、マーケティングの部署ではどんなキャラクターが良いのかを、よく話し合う必要があります。

キャラは、真面目系からゆるキャラ系など設定することができます。

販売する商品やサービスにあったキャラクター設定ならば、ターゲットに向けて有意義な「広告、宣伝」となります。

 

キャラクターマーケティングを導入したい企業様は、イラスト・キャラクター制作が得意なゴーアヘッドワークスへぜひご相談ください!

 

 

 

ゴーアヘッドワークスの制作実績まとめはこちら

 

モーショングラフィックスで企業のロゴマークが動き出す?!制作事例をご紹介!

インフォグラフィックスを活用した動くイラストムービーで、事業内容を分かりやすく伝える!

【認知度急上昇!?】オリジナル公式キャラクターのデザインで企業活動を活性化!

【4選】同業他社と差別化を図るコーポレートサイト制作!ゴキゲンなWEBデザインとは?

経営理念の面白い伝え方!経営者の想いや企業の未来像を、表現して共有する「ビジョンイラスト」とは?

「似顔絵」を活用して差別化を図る。親しみやすい広告戦略!

ロゴマークを徹底解説!失敗しないためのロゴ制作依頼のコツ

企業のロゴマークのデザイン実績【飛騨高山の企業5選】

【ファン獲得!】カフェのロゴマークのデザイン実績【5選】

似顔絵名刺で差をつける!印象に残る名刺のデザインとは?

イラストで分かりやすく伝わる!チラシ・パンフレット・ポスターデザイン【6選】

【LINEスタンプ制作代行】企業認知度の向上や、顧客とのコミュニケーションにおすすめ!

お客様の目を引く!売り上げが向上する!お土産・商品のパッケージデザイン【6選】

Zoom背景で自己PR!】Zoomのバーチャル背景をオリジナルでデザインします!

飛騨高山エリアのライティング・執筆・記事制作は、ゴーアヘッドワークスのライター・編集者にお任せください!

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください