BLOGスタッフブログ

法人LINEアカウントを活用して、BtoC事業の広報力を強化!

2021.04.14

デザイン

BtoC事業に取り組まれている経営者、幹部の皆さま。

顧客とのより良いコミュニケーションを促す、より確実な自社の広報ツールとして「LINE公式アカウント」の活用をお勧めします。

 

LINE公式アカウントとは?

 

「LINE公式アカウント」とはビジネス版のLINEで、企業が公式に作成するLINEアカウントです。

 

日常的に利用しているLINEと同じ感覚で使用でき、メールマガジンのように定期的なメッセージの送信や1:1のチャットを通して集客や販促を実現します。

 

また、企業によるLINE公式アカウントの開設により、友達登録した顧客に直接商品の宣伝やキャンペーンなども可能です。

 

後述しますが、企業のLINE公式アカウント開設には主に5点の大きなメリットがあります。メリットの多さに対して、デメリットは2点しかありません。加えて、企業のLINE公式アカウントは無料から開設できて、開設手順も簡単です。

 

集客や販促対策として、企業が日本一のSNSであるLINEの公式アカウントを使わない手はないでしょう。

 

LINE公式アカウントを使うメリット

 

企業がLINE公式アカウントを使うと、次の5点のメリットがあります。

 

・日常のLINE感覚で顧客とつながれる

・メールや電話よりも高い開封率

・プッシュ通知で送れるメッセージ

・チャットボットの活用で自動化できる対応

・クーポン発行機能など多くのオプション

 

ここでは、各メリットを具体的に確認しましょう。

 

日常使用しているLINEの感覚で顧客とつながれる

 

日常使用しているLINEと同様の感覚で、企業公式LINEアカウントでも顧客とつながることが可能です。

毎日使用しているユーザー率が86%のLINEで、顧客とつながるメリットは大きいでしょう。

 

メールや電話よりもつながりやすい(開封率)

 

LINEメッセージは、メールや電話よりも到達率も開封率も高く、開封までの時間も短い特徴があります。

 

さらに、LINEではテキストだけでなく、スタンプやクーポン・アンケート・画像・動画・音声など様々な形態でメッセージの送信が可能です。

1メッセージにつき、3タイプの形式を選択できるので表現幅が広がります。

 

プッシュ通知でメッセージを送れる

 

LINEではプッシュ通知でメッセージを送付できるので、リアルタイムで読んでもらいやすいでしょう。

ただし送りすぎると顧客の迷惑になるので、注意が必要です。

 

チャットボットで対応を自動化

 

企業公式のLINEアカウントには、自動応答機能が標準的に搭載されています。

顧客からLINE上でチャットが届くと、自動的に特定の返答を行うので、簡易的なカスタマーサポートの役割が可能です。

ただし、あまり込み入った返答はできないので、手動で返答するまでの繋ぎとしてご利用ください。

 

クーポン発行機能などオプション多数

 

企業はLINE公式アカウントで、顧客がLINEで利用できるクーポンやショップカードなどを作成・発行できます。

 

発行したクーポン等は、メッセージや自動応答・タイムライン・リッチメニューなどで配信したり、投稿が可能です。

 

LINEにはオプションが豊富なので、ぜひ積極的に活用しましょう。

 

LINE公式アカウントを使うデメリット

 

企業のLINE公式アカウントを友達登録してもらわない限り、顧客に情報を届けることができません。

 

またLINEのメッセージを送りやすい特性を活かして、メッセージを送りすぎる行為は危険です。1日に何度もメッセージを送付すると顧客の迷惑になり、ブロックされる可能性があります。企業のLINE公式アカウントは簡単にブロックされやすいので、気をつけましょう。

 

アカウント開設の方法

 

ここでは、企業がLINEアカウントを開設する方法を解説いたします。

 

なお、企業がLINEアカウントを開設する際は認証済みアカウントを目指しましょう。企業公式LINEアカウントを開設後には、メッセージのテスト配信をおすすめします。

 

アカウントを開設しよう

 

まずは下記のリンクから、企業のLINE公式アカウント開設ページにアクセスしてください。

そして「認証済み」または「未認証」の開設するアカウントタイプを選択して、必要事項を記入・確認するだけで、開設手続きは完了です。

 

https://www.linebiz.com/jp/entry/

 

認証済みアカウントを目指そう

 

企業がLINE公式アカウントを運営する場合は、認証済みアカウントを目指しましょう。LINE社の規定の審査に合格すると、認証済みアカウントに認定されます。

 

認証済みアカウントになると、アカウントバッチがLINEアプリの検索結果に表示され、顧客からの信頼度向上が可能です。また、認証済みの企業公式LINEアカウントでは請求書決済やLINE広告への出稿ができます。

 

メッセージを配信してみよう

 

企業公式LINEアカウントを無事開設したら、テストとしてメッセージを配信してみましょう。

 

充実したメッセージ形式やオプション機能も、円滑に活用できるように試しておきます。

 

より顧客とのコミュニケーションを促すには

 

企業がLINEアカウントを活用して、より顧客とのコミュニケーションを促進するには主に3つのポイントがあります。

 

すなわち、リッチメッセージの配信や、企業オリジナルLINEスタンプの作成と配布、動くLINEスタンプを用いて差別化を図ることです。

 

ここでは、具体的に各ポイントを確認しましょう。

 

リッチメッセージの配信

 

顧客が正方形画像バナーをタップすることで、WEBサイトへジャンプしたり、企業が事前に作成したクーポンを発行できる機能が「リッチメッセージの配信」です。

 

テキストのみのメッセージよりも視覚的に商品やサービスの宣伝ができるため、クリック誘導率が向上します。

 

オリジナルLINEスタンプの作成と配布

 

テキストのみのメッセージよりも、オリジナルのLINEスタンプ配布も取り込むと効果的です。公式キャラがない場合も、似顔絵イラストでLINEスタンプを作成・配布すると良いでしょう。

 

オリジナルLINEスタンプは、顧客に企業への親近感を湧かせることができます。

 

さらに動くLINEスタンプで差別化!

 

静止画のLINEスタンプでも顧客の印象に残りやすくなりますが、動くLINEスタンプはさらに効果的です。

 

動くLINEスタンプを利用すると、他社との差別化ができ、かつ企業にもより好印象を抱きやすいでしょう。

 

オリジナルLINEスタンプの制作料金はこちら

 

オリジナルLINEスタンプの活用は効果的ですが、企業が一から作成するのは困難です。

 

よって、企業の希望に沿ってくれるデザイン・イラストのプロに任せてはいかがでしょうか?

まずはお気軽にゴーアヘッドワークスへご相談ください!

 

 

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください