BLOGスタッフブログ

年度末の今、チェックするべき「補助金」5選!

2022.03.15

ニュース

年度末の忙しない時期ですが、
だからこそ、今の内に情報をチェックして、
早めに備えておくことが次の展開に繋がります!

 

注目の5つの補助金をリストアップしましたので
最低限これだけは抑えておきましょう!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

①事業復活支援金

 

経済産業省が運営している「事業復活支援金」は、その名の通りコロナの影響を受けた中小法人・個人事業者が対象となります。

 

減少した売上高を補填してくれる補助金ですので、対象期間の売上高を確認しましょう!

https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

②事業再構築補助金


中小企業庁が運営している「事業再構築補助金」は、ポストコロナの時代を見据えて新分野展開、事業転換、事業再編に舵を切る中小企業を支援する補助金です。


僕の周りでも、この補助金を活用して思い切った事業転換や、新規事業に挑戦している経営者が大勢います!

新たなチャレンジをお考えの経営者であればマストな補助金です!!

https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

③IT導入補助金2022


「IT導入補助金」は、
中小企業・小規模事業者がITツールの導入に活用できる便利な補助金です。

 

インボイス制度への対応も見据えて、企業間取引のデジタル化を強力に推進すると説明がある通り、「IT導入補助金2022」では会計ソフトやクラウドシステムなど業務効率化ソフトウェアの導入に加えて、それに伴うPCやタブレットなどのハードウェアの購入にも補助が出ます!

 

詳細な制度概要については、下記のホームページをチェックしてみてください。

https://www.it-hojo.jp/2022/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

④ものづくり補助金


中小企業庁が運営している「ものづくり補助金」は、システム構築や機械装置の導入など設備投資に活用できる補助金ですので、補助金額が 750〜1,250万円と大きいのが特徴です。

 

生産性と付加価値の向上を目指す「デジタル枠」と、温室効果ガスの排出削減を目指す「グリーン枠」が新設されていますので、新情報をチェックしましょう!

 

https://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

⑤小規模事業者持続化補助金


日本商工会議所が運営する「小規模事業者持続化補助金」は、従業員数が20人以下の
「小規模事業者」や、一定の要件を満たした特定非営利活動法人を対象に、販路拡大や業務効率化に関して活用できる補助金です。

 

補助対象経費が幅広く適用されるのが魅力的な補助金ですが、第8回受付の情報はまだ解禁されていないので、まだ未活用の方は動向を要チェックです。

 

https://r1.jizokukahojokin.info/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

実際の導入事例や活用方法に関して、ご提供できる情報があります。まずはお気軽にご相談ください!

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください