BLOGスタッフブログ

インパクト大!!動くアニメーションLINEスタンプを活用した企業のマーケティングとは?

2021.04.14

キャラクター

LINEスタンプは企業の販促活動において使われることが多くなり、差別化が難しくなりました。

しかし、動くアニメーションLINEスタンプを制作することで、他社と差をつけることができ、企業のマーケティング・プロモーションに効果的です。

 

動くLINEスタンプの制作をして、企業や商品イメージをお客様に印象付けてはいかがでしょうか?

 

販促活動の一つとしてLINEスタンプを制作する企業は多い

イラストや擬態語で構成されるLINEスタンプは、感情を表現する手段として人気です。

 

LINEスタンプを日々使用する人は、なんとLINEユーザーの約8割を占めるため、販促活動に用いるといかに効果的か伺える数字でしょう。

 

企業がLINEスタンプを制作してユーザーが利用すると、徐々に企業の認知度は高まります。

スタンプを通して公式アカウントの友達になったり、企業や商品・サービスのファンになってもらうことも可能です。

 

ただしキャラクタースタンプなどLINEスタンプ次第では、直接的には企業の認知度につながりません。CMや雑誌・YouTubeでキャラクターの露出やLINEを利用した呼びかけなど、企業がユーザーと接する機会を設ける必要があります。

 

またLINEスタンプの制作・販売により、企業は収入を得ることも可能です。特にキャラクタービジネスや漫画・映像制作関係の企業には有効でしょう。ディズニーやサンリオ、エヴァンゲリオン・クレヨンしんちゃん・名探偵コナンなど、例を挙げればキリがありません。

 

LINEスタンプの5つの効果

企業がLINEスタンプの制作をおこなうことで、企業の公式アカウントの友だちを増やせたり、知名度を向上する助けになります。

ここでは、LINEスタンプを制作することによる企業にとっての5つのメリットを確認しましょう。

 

①LINEは日本一のSNS

LINEはユーザー数が圧倒的に多い日本一のSNSで、しかも幅広い世代にアプローチが可能です。

他のSNSと比較しても、LINEのユーザー数は圧倒的で利用者の世代も偏りがありません。

 

②到達率・開封率の高さ

LINEのメッセージの開封率はメールマガジンの2〜6倍とも言われ、非常に高い到達率・開封率を誇ります。LINEは到着後約10分以内に読んでもらえるとのデータもあります。

さらにLINEであれば、企業が意図したタイミングでメッセージを確認してもらえる可能性も高いでしょう。

そのため、タイムセールやタイムクーポンの情報も配信しやすくなります。

 

多くの顧客・潜在顧客に情報を届けることができるLINEスタンプの制作は、企業にとっては購入・成約など結果を出しやすい点が特徴です。

 

③簡単な開設・運用

LINE公式アカウントは数分で開設でき、無料プランでもすべての機能を無料で即活用できます。

加えて、自社のアプリ制作よりも開設も運用も簡単です。

 

④友だち登録が簡単

LINE公式アカウントでは友だち登録が手軽で簡単なので、集客がしやすいでしょう。

登録をメールではなく、LINEに切り替えると登録率が30%増加するというデータもあります。

 

⑤集客や販促に便利

クーポンやアンケート・配信効果の分析など、集客や販促に活用できる機能が多い点が、LINE公式アカウントの特徴です。

無料プランであっても、すべての機能が使える点も大きな魅力でしょう。

さらに外部のツールと連携して、機能を拡張することも可能です。

 

LINEでは顧客と1:1でチャットも手軽にでき、個別の相談を受けたり、各顧客に合わせたメッセージを配信できます。チャットは販促に非常に効果的なので、活用すると良いでしょう。

 

動くLINEスタンプ(アニメーション)は人気

動くアニメーションLINEスタンプは、通常のスタンプ以上にダウンロードされやすい特徴があります。

動きが加わると、静止画のLINEスタンプよりもユーザーが受け取る情報は多いからです。

たとえば無表情のキャラクターがたたずむだけよりも、漫画の吹き出しで「…」を加えると、より沈黙の表現ができるでしょう。もしくはフェードアウトするような動きを加えると、さらに感情表現の豊かなスタンプになります。

 

企業にとって、動くLINEスタンプの制作は、画一的な印象を与える静止画のLINEスタンプの問題を解決できるでしょう。

 

加えて動くアニメーションLINEスタンプはインパクトがあり、ユーザーの印象に残りやすいです。

潜在顧客に自社や自社製品・サービスを認識する助けとなり、動くLINEスタンプの制作は企業に役立つでしょう。

 

知識と技術がないと制作が難しい

動くLINEスタンプの制作時の欠点は、企業にとって専用ソフトや規定を守ったデータ作りが必要なため、ハードルが高い点です。

 

動くLINEの制作に際して、企業は次の7ステップを踏む必要があります。

 

1.アニメーションのコマ出し

2.アニメーションで動く部分のパーツレイヤー分け

3.アニメーション化のためのファイル管理構造の作成

4.アニメーションソフトでの制作開始

5.アニメーションファイルの連続静止画の書き出し

6.各静止画の圧縮

7.APNG変換ソフトでの圧縮した静止画の加工

 

アニメーションやイラストの制作に日頃から携わっていないと、なかなか理解できない過程ではないでしょうか?

 

加えて上記の7段階のステップでは、アニメーションソフトやファイルの圧縮・形式変換ソフトなどが必要です。

 

動くLINEスタンプの制作を一から企業が行うのは大変手間がかかりますが、出来上がった時の達成感は高いでしょう。

 

イラストレータ在籍、LINEスタンプ実績の豊富なゴーアヘッドワークスへ

達成感が高くても、実際に動くLINEスタンプの制作は、大半の企業にとっては困難な作業です。

よって、優れた実績を誇るデザイン会社に依頼することを検討しても良いでしょう。

 

デザインやイラスト制作のプロであるゴーアヘッドワークスには、複数人のイラストレータが在籍しており、LINEスタンプの実績が豊富です。

 

弊社では持ち込みのキャラクターデータにも対応しており、実績のあるイラストレータがご要望に沿った動くLINEスタンプを制作します。まずはお気軽にお問い合わせください!

 

 

CONTACT

ご相談やお問い合わせなど、
お気軽にご相談ください